AlamofireImageを使って、tableViewで外部画像のガタつきをなくす方法【swift】

こんにちは!

Swiftで記事(メディア)アプリを作っているのですが、外部の画像をtableViewで読み込もうとすると、スクロールする際にガタツキが発生しました。

AlamofireImageというプラグインを使用すれば、一瞬で直すことができたので、ご紹介します!

AlamofireImageをインストール

とPodfileに追加したあと、ターミナルから

を実行してください。

これでAlamofireImageを使う準備が整いました!

実際の使い方

このように、UIImageViewに対して、 af_setImage(withURL: ...) と記載するだけで、AlamofireImageが良い感じに画像をキャッシュしてくれて、外部画像の読込が原因でTableViewがガタつくことを防いでくれます!

ABOUTこの記事をかいた人

新卒ノマドエンジニアとして独立し、半年で月収100万円を達成する。フリーランスのエンジニアとして活動しながら、事務所を売却(バイアウト)したり、Youtuber(最高月間視聴回数109万回、チャンネル登録者1万人)をしたり、Openrecの公式配信者としてゲーム生実況をしたり、ベンチャー企業のCOOをしたり、パラレルキャリアを歩んでいる。 2019年にミニマムライフコストを不労所得で稼げるようになったため、いまは好きなことだけ仕事にしています。