【Swift】COCOAPODSでAlamofireとSwiftyJSONをインストールし、API通信をする方法(get)

web・アプリに関わらず、プログラミングをする上でAPI通信は必須の技術になっています。

javascriptならば、Axiosという非常に有名なAPIクライアントライブラリがあり、多くのwebアプリはAixosを使ってAPI通信をしています。

iOS開発でもAlamofireという定番のAPIクライアントがあり、今回はそのAlamofireのインストールから実際の使用法まで解説します。

COCOAPODSでライブラリをインストールする

javascriptの場合は、npmやyarnでパッケージ管理をすると思います。

iOS開発も同じようにパッケージ管理システムが存在します。

それが、COCOAPODSです。

今回はCOCOAPODSを使って、AlamofireをインストールしてXcodeで実際に使っていきます。

まずは、プロジェクトでCOCOAPODSを使うことを宣言するために、プロジェクトディレクトリにターミナルで入り、

を実行します。

実行後、対象ディレクトリにPodfileというファイルが作成されます。

このPodfileにインストールしたいパッケージを記載してパッケージ管理をしていきます。

javascriptでいうpackage.jsonです。

Podfileにインストールするパッケージを記載する

pod initで作成されたPodfileを以下のように編集します。

  • pod ‘SwiftyJSON’
  • pod ‘Alamofire’

のように、必要なライブラリを追記していきます。

今回は、APIクライアントのAlamofireとAlamofireで取得したデータをJSON形式で扱うためのSwiftyJSONを追記しました。

必要なライブラリを追記したら、またターミナルに戻って、

を実行します。

このコマンドが実行されると、Podfileの記述を元にライブラリをプロジェクトにインストールします。

xcodeprojではなく、xcworkspaceを使う

COCOAPODSでライブラリをインストールする前は

【プロジェクト名.xcodeproj】

をダブルクリックして、Xcodeを実行していました。

しかし、ライブラリをインストールすると、

【プロジェクト名.xcworkspace】

をダブルクリックして、Xcodeを実行する必要があります。

swiftファイルを修正していく

AlamofireとswiftyJSONのインストールが完了したら、実際にその2つのライブラリを使ってソースを書いていきます。

上記のようにコントローラーファイルを編集して、ビルドすると、エンドポイントから返ってきた値がjson形式でログに表示されます。

jsのAxiosに非常に似ていて、Alamofireパッケージでエンドポイントを叩いて、返ってきた値をクロージャーの中で好きなように使う感じです。

ABOUTこの記事をかいた人

新卒ノマドエンジニアとして独立し、半年で月収100万円を達成する。フリーランスのエンジニアとして活動しながら、事務所を売却(バイアウト)したり、Youtuber(最高月間視聴回数109万回、チャンネル登録者1万人)をしたり、Openrecの公式配信者としてゲーム生実況をしたり、ベンチャー企業のCOOをしたり、パラレルキャリアを歩んでいる。 2019年にミニマムライフコストを不労所得で稼げるようになったため、いまは好きなことだけ仕事にしています。