【iphoneアプリ開発】swiftでおみくじアプリを実装してみた【Xcode・チュートリアル】

swiftを使って、ランダムに結果が表示されるおみくじアプリを制作してみました。

制作時間30分以内に作れる簡易的アプリかつXcodeとswiftの使い方をざっと眺めることができるので、「iphoneアプリ開発ってどんな感じなのだろう?」という方は是非読んでみてください。

※swiftのプログラミングの部分だけを解説しますので、アプリ内UIのレイアウトに関しては、こちらの記事を参考にして下さい。この記事で作成したおみくじアプリのレイアウトを使って、アプリを制作します。

UIコンポーネントを関連付けする

左側の簡易的に制作したUIを右側のswiftと関連付けしてアプリを制作します。

「大吉!!」と書いてあるLabelを「Control」を押しながら右側のswiftのコードにドラッグ・アンド・ドロップします。

このように、Nameを自由につけて、swiftと関連付けします。そうすると、

という記述がソースに追記されます。同じように、「おみくじを引く」ボタンも関連付けしましょう。

ボタンの場合は、タップ時に処理を行いたいため、ConnectionをActionに指定して関連付けをします。

関連付けがうまくいけば、

こういったソースが追記されます。このソースの{}の中に記述したプログラムが、ボタンをタップ時に実行されます。

これでUIパーツの関連付けは終了です!

ランダムな結果を表示するプログラムを書く

UIパーツの関連付けが完了したので、「おみくじを引く」ボタンを押したら、「大吉!!!」と表示されている部分の文字を変更するプログラムを記述します。

先にソースの全文を書いておくと、こんな感じです。

少しずつ解説すると、

omikujiという変数を宣言

「おみくじを引く」ボタンがクリックされるたびに行われる処理の中に、クリックされるたびにomikujiにランダムな整数を代入する記述を追加

そのomikujiの値によって、条件分岐でLabelの文言を変更

という処理が追加されました。

この状態で、buildを行い、simulatorで確認すると、

このように、「おみくじを引く」を押すたびに「吉!」や「凶…」がランダムに表示されることを確認できます。

これでおみくじアプリは完成です!

簡単な診断アプリぐらいなら作れるようになりそう!

iphoneアプリは制作が大変そうであまり前向きではなかったのですが、簡単なアプリを作ってみて、

「案外簡単にアプリ作れそうだな!」

と思えるようになりました。

web離れが進み、アプリ使用率がドンドン増えていっている今、アプリ制作の技術は非常に重要になってきています。

自分もフルスタックに開発できるエンジニアを目指して、アプリ制作を勉強していこうと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

新卒ノマドエンジニアとして独立し、半年で月収100万円を達成する。フリーランスのエンジニアとして活動しながら、事務所を売却(バイアウト)したり、Youtuber(最高月間視聴回数109万回、チャンネル登録者1万人)をしたり、Openrecの公式配信者としてゲーム生実況をしたり、ベンチャー企業のCOOをしたり、パラレルキャリアを歩んでいる。 2019年にミニマムライフコストを不労所得で稼げるようになったため、いまは好きなことだけ仕事にしています。