UIAlertControllerで自由入力のテキストフィールドをUIAlertActionで表示する方法

上図のような、UIAlertControllerでポップアップを表示させて、ユーザーがポップアップ内のテキストフィールドに入力後、その文字列を使う処理を行う実装はiPhoneアプリ開発において欠かせないものです。

今回は、UIAlertControllerとUIAlertActionを使って、その実装を行います!

ソース

ソース自体はこのような形です。

  • UIAlertControllerにaddTextFieldでテキストフィールドを追加する。
  • そのテキストフィールドをグローバルで持っているuiTextFieldに紐付ける
  • UIAlertAction内でuiTextFieldをprintする
  • UIAlertActionをUIAlertControllerにaddActionで登録する

非常にシンプルな処理になりました!

あとは、printではなく、任意の処理を書いていけば、ポップアップでユーザーが入力した文字列を自由にシステム内で使うことができます!

ABOUTこの記事をかいた人

新卒ノマドエンジニアとして独立し、半年で月収100万円を達成する。フリーランスのエンジニアとして活動しながら、事務所を売却(バイアウト)したり、Youtuber(最高月間視聴回数109万回、チャンネル登録者1万人)をしたり、Openrecの公式配信者としてゲーム生実況をしたり、ベンチャー企業のCOOをしたり、パラレルキャリアを歩んでいる。 2019年にミニマムライフコストを不労所得で稼げるようになったため、いまは好きなことだけ仕事にしています。