【swift】下に引っ張るとクルクルが表示するリフレッシュ(更新)機能の作り方(tableview)

メディアアプリなどの記事一覧画面で、下に画面を引っ張ると、クルクルというインジゲーターが出現して、最新記事が取得できるリフレッシュ機能。

めちゃくちゃよく使う機能です。

今回は、そのリフレッシュ機能の作り方を解説します。

これだけで完了です!笑

この記述をするだけで、tableviewを下に引っ張ったときに、インジゲーターが勝手に出現して、指定したfunctionを実行してくれます。

指定したfunctionの中に、新しいデータを取得するソースとtableviewのリロードを記載すれば、データが更新されます。

最後に、更新処理が終わったタイミングで、 refreshControl?.endRefreshing() このメソッドを実行すると、クルクルがなくなります。

ABOUTこの記事をかいた人

新卒ノマドエンジニアとして独立し、半年で月収100万円を達成する。フリーランスのエンジニアとして活動しながら、事務所を売却(バイアウト)したり、Youtuber(最高月間視聴回数109万回、チャンネル登録者1万人)をしたり、Openrecの公式配信者としてゲーム生実況をしたり、ベンチャー企業のCOOをしたり、パラレルキャリアを歩んでいる。 2019年にミニマムライフコストを不労所得で稼げるようになったため、いまは好きなことだけ仕事にしています。